公開日 :

昨年に続き『大加州刀展』開催!

昨年に続き『大加州刀展』開催!

加賀で打たれた刀を「加州刀」といいます。

昨年、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でわずか9日間で中止となった「大加州刀展」。再開を願う多くの声に応え、前回を超える約100振の刀剣に加え、拵などの刀装具、刀剣や武術に関する文献史料など、充実の展示で500年以上続いた加州刀の歴史と魅力に迫ります。(石川県立歴史博物館フライヤーより抜粋)

この「大加州刀展」は、当日本美術刀剣保存協会石川県支部も協力しています。昨年の中止は本当に残念でしたが、今年は全会期を通して多くの皆様に加賀の名刀の数々をご覧いただきたいと思います。

会期中、5月14日には当会の小浦宗五郎が、6月11日には石川県立歴史博物館学芸主幹の北春千代氏が展示解説を行います(定員:各日当日先着40名)。

人気のブラウザゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」とのコラボも企画。これを機に、これまでリアルに刀にふれる機会のなかった審神者の皆様もぜひ足をお運びください。

お問い合わせ

事務局へのお問い合わせはこちらから
担当:宮永明宏